大相撲のぼり

国技館の前に立ち並ぶ大相撲のぼりは、そこを訪れる人の気分を高揚させます。大相撲のぼりには、伝統にのっとった様々な工夫が見られます。

のぼりのご紹介

大相撲のぼり

両国国技館を訪れる人々の気分を高揚させる大相撲のぼりは、横綱などの力士ののぼりはもちろん、行司のものまであって、一つ一つに目を向けると実に興味深いものになっています。

こののぼりは、伝統にのっとって、場所が始まる度に、全て新しく職人の手作りにて作られています。

のぼりを間近で見上げると、改めてその大きさに驚かされますが、じっくり見ていると、大きさゆえの工夫がされているのに気付かれることでしょう。

実は、下から見ても、四股名が読み取り易いように、のぼり上部から文字の大きさが徐々に小さくなっているのです。

大相撲ののぼりは、高さが5mを超えるものが一般的ですので、このような工夫が必要となるのですね。

長い大相撲の歴史のなかでは、このような様々な工夫がしきたりのように伝えられているのです。

大きさ以外にも、縁起を担ぐ勝負事に相応しい配慮がなされています。

例えば、色使いを見ると、負けの黒星を連想される黒は使わないといった心配りがされていることがわかります。

のぼり上部には、相撲で使われる軍配などが描かれ、その下には四股名、後援会などのぼりの贈り主の名と続きます。

国技館を訪れる際には、是非、大相撲のぼりの妙も堪能してみて下さい。

【参考サイト】
学旗|神戸大学

Copyright (C) www.minnesotaclassaction.com. All Rights Reserved.

のぼりのご紹介